免疫力の低下

乳酸菌シロタ株ってなに?

乳酸菌シロタ株とは、乳酸菌の一種、ラクトバチルスに属するカゼイ株のひとつです。
正式名を「ラクトバチルス カゼイ シロタ株」といい、別名では、「LCS」や「ヤクルト菌」ともいわれています。
シロタ株は、酸素の有無に関係なく増殖する優れた特徴があります。

強い耐酸性で、胃液や胆汁で死滅することがなく、ほとんどが排便まで生き続ける事が可能です。
これらの優れた作用から、口から摂取しても生きたまま小腸へ届き、腸内で効力を発揮します。
医学博士の代田稔氏によって発見された乳酸菌を、さらに強化培養されたのが「乳酸菌シロタ株」なのです。

人間の腸内には、100兆個の細菌が住んでいます。
それらの菌の中に、体に良い働きをする善玉菌と、悪い影響を及ぼす悪玉菌が存在します。
その良い働きをする大切な役目を背負っているのが「乳酸菌」です。

通常の乳酸菌の多くは耐酸性がなく、摂取しても胃酸で死んでしまいますが、乳酸菌シロタ株は、生きたままで腸内に届き、小腸で働き、大腸や直腸まで生き抜くことさえ出来るのです。
腸内細菌のバランスを整え、善玉菌の働きを活性化する優れものです。
毎日の食卓に乳酸菌シロタ株を取り入れて、美容と健康に役立てましょう。

このページの先頭へ