免疫力の低下

乳酸菌サプリ選びのポイント

乳酸菌サプリは非常に多く販売されています。
生きたまま腸まで届くといわれるLG21配合の乳酸菌や加熱処理された死菌体のもの、
体内の腸内細菌そのものを増やす乳酸菌生成物質など、一口に乳酸菌といっても、その種類は様々で、数も膨大にある為どれを選んだら良いのか選択に困ってしまいますが、選ぶポイントとしては、「自分の体に合うものを選ぶ」 ということです。
体質によっては、結果が出やすい人、出にくい人がいます。

元々、体内の善玉菌がある程度存在している方には、その善玉菌をさらに増やし、増殖させる乳酸菌生成物質サプリが良いと思います。
病気や加療の投薬などで、腸内の善玉菌の量が減少している方には、外側から大量に乳酸菌を摂取して、まず、腸内環境を整える事が必要です。
また、重篤な状態にある場合は、通常の健康維持を目的とした乳酸菌では、焼け石に水で、目に見えた効果を期待出来ない場合があります。

病気になるということは、腸内環境の悪化によるもので、善玉菌はほとんど存在してはいないからです。
このような方には、加熱処理した死菌体の乳酸菌サプリがおすすめです。
生きて腸まで届くタイプで結果を出すにはかなりの量を摂取する必要がありますが、加熱処理をしたタイプは、少量で大量の乳酸菌を摂取する事が可能です。
それぞれの目的と体調に合わせて、自分に合った乳酸菌サプリをお選びになると良いでしょう。

このページの先頭へ