免疫力の低下

乳酸菌でピロリ菌を殺す

ピロリ菌は、胃の粘膜に棲み着いて悪さをします。
ピロリ菌は、強い胃酸から胃を守る表層粘膜の中で動き回り、胃酸の攻撃に遭わずに生きる事が出来るのです。
また、ピロリ菌はウレアーゼという酵素をだして、胃の中の尿素を分解しアンモニアのバリアを作り、自分の身を守って胃に棲み続けます。

強い胃酸の中でも生き延びるピロリ菌を退治することは、通常の乳酸菌では力が弱く、とうてい不可能です。
ピロリ菌を退治出来る乳酸菌は「LG21」という乳酸菌です。
LG21は、ラクトバシルス属の乳酸菌で、ビフィズス菌とは属性が違い、もたらす効果も違います。

同じラクトバシルス属にはカゼイ菌やブルガリア菌なども含まれています。
ピロリ菌は、LG21が出す乳酸に弱いといわれ、LG21が増え続ける事でピロリ菌の繁殖に必要な栄養や空間が減り、やがてピロリ菌は死滅します。
LG21は高い増殖力があり、胃の中でしっかりと乳酸を出す事が出来ます。
また、胃粘膜に付着しやすい為、LG21はピロリ菌に到着し、酸性の胃の中で活性することでピロリ菌を退治する事が出来ます。
数ある乳酸菌http://www.takara-ks.jp/syurui.htmlの中の優等生であるLG21は、ピロリ菌を死滅させる効果が期待出来る乳酸菌なのです。

このページの先頭へ