免疫力の低下

免疫力の低下に乳酸菌ラブレ菌

免疫力とは、細菌やウイルスの侵入を素早く排除し、正常な状態に戻してくれる、体を守る力の事です。
免疫力の低下は、ガンや感染症の原因となり、常に正常な状態を保つ必要があります。
人間の体内にウイルスや病原体、腫瘍細胞などが侵入してくると、増殖を抑えるために、細胞が分泌するたんぱく質の一種である「インターフェロン」が活躍します。

インターフェロンは、感染から体を守る働きがあり、医療分野においては治療薬として有名ですが、本来は、人間の体内で産生される物質で、細胞がウイルスなどに感染した際に産生されて、感染から守ってくれるものです。
体内でインターフェロンの産生が出来なくなると、体は免疫力を失い、病気にかかりやすくなります。
人間の抵抗力を高める為には、インターフェロンの産生能力を強化しておく必要があります。

この、インターフェロン産生能力を高める食品こそが「乳酸菌ラブレ菌」です。
ラブレ菌は免疫力アップの力に優れ、体内に摂取されるとインターフェロンαを産生する力を強くします。
インターフェロンαはガンや感染症から体を守る免疫細胞の一種、ナチュラルキラー細胞を活性化するといわれています。
腸内で生き抜く強さに優れた植物乳酸菌
植物性乳酸菌の中でも、「乳酸菌ラブレ菌」は、免疫力アップに効果を発揮します。

↓花粉症の方には乳酸菌がおすすめ
   

このページの先頭へ