免疫力の低下

乳酸菌由来の美容成分を含む化粧品って?

乳酸菌研究の第一人者であり、ヤクルトの創始者代田稔博士は、乳酸菌が腸内細菌を整えるだけでなく、肌にも効果的と考え、肌への応用に取り組みました。
乳酸菌が人体に好結果をもたらすことはすでに実証済みであり、乳酸菌の腸管粘膜を保護する働きは、体内のみならず、皮膚表面も保護出来ると考えられたのです。
当時、ヤクルト瓶の洗浄に関わっていた作業員の手が、過酷な素手での水仕事にもかかわらず、しっとりなめらかだったことも広まって、乳酸菌の成分が肌にも良いことが実証され、脚光を浴びました。

乳酸菌由来の化粧品は、高い保湿性の乳酸菌発酵エキスや、しっとりお肌を保つ働きの高分子ヒアルロン酸、お肌に弾力とハリを与えるビフィズス菌発酵エキス、などの成分で構成されています。
石油系の成分で人工的にしっとりさせるのではなく、天然の成分によって、肌本来が持つ再生力をサポートし、みずみずしく潤ったハリのある美肌へと乳酸菌は導きます。
触れてみるとわかりますが、乳酸菌由来のスキンケアでお手入れしたお肌は、お肌の再生力を感じる事が出来ます。
また、老化を左右する腸内細菌を増やすことで、体の中からお肌をよみがえらせることで、究極のアンチエイジング効果が期待出来ます。
「美肌は腸から」です。
乳酸菌に関する書籍についても興味深いです。

このページの先頭へ