免疫力の低下

みつばち乳酸菌の秘密

みつばちの生産物には、蜂蜜、ローヤルゼリー、プロポリスがあり、みつばちが生きていく為に、外敵から身を守る為、子孫繁栄の為にこれらの生産物を使い分けています。
はちみつは、働き蜂が集めた花の蜜を体内の蜜胃に蓄えて持ち帰り、巣内で待機する働き蜂に口移しで蜜を渡します。
この時に、みつばちの体内の転化酵素によって、ショ糖である花の蜜はブドウ糖や果糖に変化します。

そうして変化した蜜は、内勤の働き蜂によって貯蔵室に運ばれます。
こうして出来るのがはちみつです。
はちみつは、人体にも有益な作用をもたらします。

腸内環境を改善するグルコン酸や亜鉛、鉄、銅などの微量成分も含まれ、女王蜂と幼虫に食べる事が許されるローヤルゼリーは、必須アミノ酸、ビタミン類を豊富に含み、優れた抗酸化作用で、若返りや不老長寿の薬として重宝されています。
みつばちが樹皮や木の芽から集めた樹液と、みつばちの唾液の酵素を合わせて作られた物質が「プロポリス」です。
このプロポリスは、巣を守る為のもので、外部のウイルスやバクテリアの侵入を防ぐ大切な役割を果たすのです。
みつばちの存在とみつばちにかかわる食べ物には、大自然がもたらす天然の栄養にあふれています。
そんなみつばちから発見された「みつばち乳酸菌」は、さらに優れた健康効果が期待出来るのです。
乳酸菌の種類や効果については、こちらをご覧になってみてください。

↓乳酸菌を普段の食事から摂取しよう
  

このページの先頭へ